Fiverwoks Homepageへ

Java Web StartとXoneでリッチクライアントアプリを作る 2/3

初版 2004-09-15
沼倉 均
Numakura Hitoshi
|Page1|Page2|Page3|

■ はじめに

今回は、第1回で作成したGUIアプリをWebサービスで実行する方法を記述します。XoneはWebサービスに対応しているので、クライアント側は設定ファイルを変更するだけです。サーバ側はWebサービスを実行するために、ServletコンテナとApache-AXISのインストールや設定などが必要です。今回は図のようなシステム構成で環境を構築します。これ以降は、サーバ側をホスト名の「xone-01」で扱いますが、この部分は環境に合わせて変更してください。



今回のようなシステム構成では、クライアント側とサーバ側(Web/DBサーバ、Servletコンテナ)の両方にXoneをインストールします(インストールしたフォルダをXONE_HOMEとします)。そして、両方でXONE_HOMEのbin/setup.batを実行しておきます。また、サーバ側ではDBにアクセスするので、bin/dbsetup.batを実行しておきます。

■ クライアント側の設定

クライアント側のXONE_HOMEのconfig/xone.propertiesを編集します。このファイルは、ルータ設定がデフォルトでは

router=Direct

となっているので、これをコメントアウトし、代わりに

router=Soap
router.url=http://xone-01:8080/axis/services/XoneWSRouter

router1=Direct

とします。変更したxone.propertiesはサーバ側にもコピーしておいてください。この設定では、クライアント側はrouterの設定からWebサービス(Soap)を使って、サーバに接続します。サーバ側では、router1の設定からDirectでRDBに接続します。

なお、インターネットの接続にプロクシサーバを使うときは、上記の他に以下のプロクシの設定も必要です。

router.http.proxyHost=xxx.xxx.xxx.xxx
router.http.proxyPort=xxxx

■ サーバ側の設定

サーバ側のXoneの設定では、RDBにアクセスするのでXONE_HOMEのconfig/torque.propertiesを変更しておいてください。また、JDBCドライバも用意しておいてください。これ以降の手順は次のとおりです。

1.TomcatとAXIS
サーバ側では、Tomcat(ここでは4.1.30を使用)とApache-AXIS(1.1を使用)をインストールします。この段階でTomcatを起動し、クライアント側からブラウザでサーバ(ここではhttp://xone-01:8080/)をアクセスしたときに、次のような画面になるか確認しておいてください。



次に、AXISをインストールしたフォルダにあるwebapps/axisフォルダにあるaxis.warをTomcatのwebappsフォルダにコピーしてください。そして、http://xone-01:8080/axisにアクセスしてみてください。これで、次のような画面になればOKです。



2.ライブラリの準備

この時点で、Tomcatをインストールしたフォルダ(以降これをTOMCAT_HOMEとします)のwebappsフォルダにはaxisというフォルダができているはずです。このaxisフォルダのWEB-INF/libフォルダに、XONE_HOMEのlibフォルダにあるすべてのjarファイルをコピーします。このとき、AXIS関連のjarファイルが重複するので、AXISがバージョンが1.1より新しいものの場合は上書きしないように注意してください。さらに、このWEB-INF/libにRDB用のJDBCドライバもコピーしておきます。

3.デプロイ

ここでいったんTomcatを再起動してください。次に、XONE_HOMEのbin/deploy.batを実行します。正常にデプロイできたか確認します。これには、http://xone-01:8080/axisにブラウザでアクセスし、その中の「view」をクリックしてみてください。これで、現在デプロイされているWebサービスの一覧が表示され、次のようにXoneWSRouterが表示されればデプロイはOKです。



■ 実行

以上で準備OKです。前回作成したGUIアプリのTextEditorを実行してみてください。Tomcatのコンソールに次のような表示が出れば、

- Xone WebService Provider(XoneWSRouterSoapBindingImpl) was created.
- Xone WebService - Next router property : router1
- Router name : Direct
- Login (Xone):xxxx

ログインまで実行できたことを示しています(パーソナル版はlogin (XonePersonal)と表示されます)。これで、TextEditorは第1回と同様に使えるはずです。

■ 最後に

今回は、Webサービスを使ってGUIアプリをクライアントから実行しました。次回は、このアプリを他のユーザにインストール作業なしに配布し、自動的にバージョンアップを行うためにJWSで実行する環境を構築します。

mailto:hnumakura@fiverworks.com

次ページ|ページTOP|サンプルTOP|

『Java』は米国および、その他の国における米国Sun Microsystems, Inc.の商標です。
その他本文に記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
| 会社案内 | 著作権 | 免責事項 | 通信販売法規に基づく表記 | プライバシーポリシー | お問い合せ | サイトマップ |
COPYRIGHT(C) 2004 Fiverworks Ltd. ALL RIGHTS RESEREVED.